委員長挨拶

中央執行委員長 津崎 暁洋

「不安定」や「不透明」などのフレーズが飛び交う昨今、労働組合の活動において、処遇改善はもちろんのこと、組合員のモチベーションアップや職場の一体感醸成なども、これまで以上に求められているのではないでしょうか。

労働組合が「言いたいことを言える職場」を実現することはとても大切です。お互いの多様性を認めながらも皆で一つの結論に辿り着いたり、職場内外の関係性を高めるきっかけを作ったりする活動にも力を注いでいます。また、組合員の日々が充実するためには、「ワーク・ライフ・シナジー(*)」の実現も重要です。余暇の時間に、趣味や見識を広げたり、友人や家族との関わりを深めたりすることは、単に充実感を得るだけでなく、結果として「インプット」の向上に繋がり、それは仕事で求められる「アウトプット」の向上にも繋がるからです。

2016年にキッコーマン労働組合は設立70周年を迎えました。
キッコーマン労働組合は、積み上げてきた「歴史や伝統」を大切にしながらも、多様な価値観や変化のスピードに対応すべく「変革や改革」を加えていきます。「組合員の日々が充実し、働きがいやモチベーションが高い職場」の実現に向けて、職場も一体となって邁進してまいります。

*ワーク・ライフ・シナジー

仕事と私生活について「バランスを取る」というよりも「相乗効果を目指す」という考え方。
双方の充実を図り、好循環となることを目指します。

キッコーマン労働組合
中央執行委員長 津崎 暁洋

  • 連合(日本労働組合総連合会)
  • フード連合
  • 全国労働金庫協会
  • 全労済